相談 お問い合わせ

排水管の高圧洗浄も一緒に行いましょう!:アイエスガステム

(2017.07.28)

こんにちは、今日はプレミアムフライデーです★

飲食店の方は、お店がいつもより忙しくなりますね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今週は、コラムと、清掃事例を更新しましたので、ぜひご覧ください(^^)

コラムで現場調査の様子を紹介させて頂いたお店で、先日、市の管理する排管を詰まらせてしまい、高圧洗浄を行っていました。

今回は、自治体が費用を負担してくれたため、よかったのですが、今後また同じことが起きてしまうと、費用はお店で負担しなければならなくなります。

そもそもお店の方が管理しなければならないのは、どこまでの配管なのでしょうか…?

配管は見えない部分なので、水が流れなくなったり、溢れてきたりすると、とても心配になりますよね。

ビルの中に入っているお店であれば、多くの場合、各シンクからグリストラップまでがお店の管理する部分になります。

但し、大家さんとの契約の内容によって異なりますので、不明な方は、一度確認されることをお勧めします。

ロードサイドのお店で、1軒まるごと店舗の場合は、各シンクからグリストラップまでの排管と、自治体の管理するマンホールの手前のマスまでです。

グリストラップが溢れてくるから、グリストラップの引き抜きをしてほしいと、緊急での問い合わせがよくありますが、やらなければいけないのは、排水管の高圧洗浄です。

緊急で排管の詰まり直しを業者に依頼すると、数万円の費用を請求されますが、詰まっている箇所だけ解消して終わりということが多いです。

1年に1回定期的に清掃すれば、配管全部を洗浄することができて、費用も緊急作業費よりも安く済むことがほとんどです。

見えない部分なので、汚れているかわからないのに清掃する必要があるのか?と疑問に思われる方もいらしゃいます。

しかし、数年清掃していないお店の場合は、写真のように油の塊がごっそり出てくることがよくあります。

排水管の高圧洗浄を行う場合は、排管の汚れがグリストラップの中に流れてくるので、排管清掃後にグリストラップ清掃を行います。

「人は内面が大事」と言いますが、お店の内面もピカピカにしたら何か良いことがあるかもしれません(*’▽’)!!

最後までお読み頂きありがとうございました。