相談 お問い合わせ

グリストラップとは:アイエスガステム

業務用の厨房に設置が義務付けられている「油脂分離阻集器」のことです。

レストランやホテル、飲食店などの事業活動によって生じた汚泥は、産業廃棄物になります。そのため、グリストラップ清掃で発生した汚泥は、一般ゴミと一緒に捨てることはできません。産業廃棄物の処理ができる許可業者(収集運搬業・処分業)に処理を委託する必要があるのです。

厨房から出る排水に含まれる油やゴミ(野菜くずや残飯など)を直接下水道に流してしまうと、自然環境への悪影響が考えられ、それを防止するために作られたのがグリース(油脂)トラップ(せき止め)です。

グリストラップ

図の様に、グリストラップは3つの層に分けられていることが多く、汚泥などの沈殿物、油分などを分離する層に分れています。

最後に油脂やゴミが取り除かれた排水を下水道へ流します。

分離した後には汚泥やゴミがグリストラップ内にたまっていきますので、定期的な清掃を行わなければ、異臭や食中毒、害虫発生の原因となってしまいます。

グリストラップの良くある困りごと

1.悪臭

グリストラップは汚泥や油脂を貯める構造になっているので、清掃などを怠ってしまうと悪臭を放つ原因となってしまいます。

2.トラップ管詰まり
トラップ管詰まり

グリストラップが正しく設置されていないor清掃出来ないことにより汚泥が溜まり過ぎると、トラップ管に汚泥が付着したり、大きなゴミが詰まってしまい、排水出来なくなってしまうことがあります。

その排水が溢れ出てしまうと、大変な悪臭問題となってしまいます。

また、排水が厨房内にあふれて営業が出来ない可能性もあります。

3.害虫

基本的には食べかすが溜まる装置ですので、管理を放置してしまうと害虫が湧く原因となってしまいます。

常に水がはってあるからと油断は禁物です。

4.清掃に手間がかかる

グリストラップの清掃はいわゆる”3K”の仕事に分類されており、なかなか清掃に踏み切れない方もいらっしゃいます。

またしっかりと汚泥を排除したり、ヌメリを取ろうと思うと大変な手間となってしまいます。

これらを解決することで
雇用環境の改善につながります!