相談 お問い合わせ

千葉県船橋市:幼稚園のグリストラップ清掃:アイエスガステム

  • <清掃前>
    ばっ気装置が設置されているため、表面は比較的綺麗に見えます。
    油がオイルボールになっています。
  • <カゴを清掃中>
    カゴをブラシで磨きます。
  • <仕切り清掃中>
    仕切りを1枚ずつ外して磨きます。
    油に長時間触れているため、汚れが落ちにくいこともあります。
  • <清掃車両>
    全体的に磨いたあとは、バキューム車へホースを取りにいきます。
    ホースは1本で数十mの距離を伸ばせます。
  • <吸引中>
    汚泥を引き抜きます。
    オイルボールがホースを詰まらせないように、崩しながら吸い取りました。
  • <清掃中>
    吸引後、底や側面をさらに磨きます。
    このグリストラップは、深かったので、体がすっぽい入ってしまいます。
  • <清掃後>
    ピカピカに磨きあがりました。

幼稚園や保育園には、小さな子供がいるので、グリストラップを従業員の方で

清掃する場合にはまわりに注意が必要です。

また、蓋が腐食して穴があいていたり、すぐに開いてしまう状態になっていないか、

定期的なメンテナンスを行う必要があります。

定期的に清掃業者が入ることで、清掃して綺麗になるだけではなく、

蓋腐食等の危険を事前にお知らせすることができるので、おすすめです。