相談 お問い合わせ

茨城県取手市:温浴施設内食堂のグリストラップ清掃事例:アイエスガステム

  • 清掃前のグリストラップ

    施設内に入っている食堂は、施設に迷惑がかからないよう清潔に保つ必要があります。
    もし、食中毒を発生させてしまったり、お客様に迷惑をおかけたりした場合、社会的な問題につながってしまいます。
    こちらの食堂は、そういったことを理解し、清掃をしっかりされているお客様の事例です。
    従業員の方もこまめに清掃しているため、グリストラップ内は綺麗な状態でしたが、
    コバエの発生が気になるとのことでした。
    ばっ気装置がついていましたが、弊社での清掃も可能でした。
    コバエの発生を抑えるために、毎月作業をしています。

    清掃前のグリストラップは、カゴの中身の残渣も定期的に捨ててあり、比較的綺麗な状態です。
  • グリストラップの清掃開始

    清掃手順は、
    グリストラップの蓋を開ける
    →槽内・カゴ・仕切りを磨く
    →バキュームホースで汚泥を吸引
    となります。

    まず、カゴを磨きます。
  • 清掃中のグリストラップ

    次に槽内の側面を磨きます。
  • バキューム吸引

    バキュームホースで汚泥を吸引します。
  • 清掃後のグリストラップ

    グリストラップの縁や、籠、底まで磨きあげ、きれいな状態になりました。

    マニフェストと作業伝票にサインをもらい、作業完了です。

    お客様からは、
    「定期的に来てくれて助かる。
    コバエの発生を完全に防ぐことは難しいけれど、最小限に抑えることが出来ていると思う。
    毎回、清掃に来られる方もほぼ決まっており、決まった時間に来てくれて、安心してお任せできる。」
    と、専門業者によるグリーストラップ清掃のよさを感じていただけた、うれしいお言葉をいただきました。